ミヤノーヴァ
  1. HOME
  2. 童謡 試聴ページ

童謡 着信音一覧の試聴ページ

すべての着信音を無料で試聴およびダウンロードできます。雛飾りのてまり 昔から歌い引き継がれているわらべ歌や遊びうたの着信音です。誰でも知っている童謡や懐かしい童謡など。また、海外の童謡もあります。 童謡は、小さな子どもから高齢者までが口ずさめるいつの時代にも愛される名曲です。日本の童謡だけでなく世界の童謡もあります。子供たちに人気の着信音です。

試聴と詳細

36曲の童謡の着信音を配信しています。再生ボタンをクリックすると、ダウンロード前に童謡を試聴できます。

オルゴールアレンジは、美しいメロディーが雪山の静謐な雰囲気と調和し、聴く者を心地よい空間へと誘います。このアレンジでは、オルゴール特有の優雅で穏やかな響きに変えています。

ピアノの鍵盤から流れる旋律は、まるで静かな夜空に輝く星々のように輝きます。音符一つひとつが愛情と温もりを運んでおり、親子や家族の間に築かれる絆を歌い上げています。

「スオ・ガン」は、ウェールズ地方の子守唄で、その美しい旋律にはやさしいベル音が調和しています。

「きしゃきしゃポッポポッポ」と鳴り響く汽笛。汽車は、子どもたちの憧れです。豊かな自然の中を走る汽車は、子どもたちの夢と希望を乗せて、どんどん遠くへ走っていきます。汽車ポッポは、作詞:富原薫、作曲:草川信による日本の童謡です。1937年に発表された当初のタイトルは「兵隊さんの汽車」でしたが、戦後の1948年に「汽車ポッポ」に改題されました

童謡「しゃぼん玉」のメロディーをオルゴール調にアレンジ

童謡「しゃぼん玉」のメロディー

こいのぼりのオルゴールメロディー

童謡こいのぼりの曲。

「茶摘み」は、日本の伝統的な童謡の一つです。

生まれ故郷から離れて遠い地から懐かしむ心情を唄った童謡。子供の頃、遊んだ野山や両親のことを思い夢をかなえたら故郷に帰ろうと思いを馳せた唄。

「秋の夕日に 照る山もみじ」で始まる童謡「もみじ」は、岡野貞一作曲による日本の童謡です。2007年には日本の歌百選の1曲に選ばれています。

1924年発行の『満州唱歌集』に収録された童謡の「ペチカ」。ロシアの暖炉兼オーブンを題材に北原白秋が作詞。

1911年の尋常小学唱歌の第二学年用に掲載された文部省唱歌。作詞作曲者不詳。雪が降るとつい、口ずさんでしまう人が多い冬の童謡と言ったら「雪(ゆき)」ですね。歌い出しの「雪やこんこ あられやこんこ」のところは「雪やこんこん あられやこんこん」ではありませんよ。

チェコ共和国のボヘミア地方で歌われていた民謡。池の周りに野ばらが咲き、そこへやってきたミツバチを描写したほのぼのとした歌詞になっています。原題「Summ、summ、summ」はドイツで最も人気のある子供の歌の1つ。

童謡「たなばたさま」は、1941年(昭和16年)3月に文部省発行の国民学校教科書「うたのほん 下」に掲載された唱歌。権藤 はなよが作詞し七夕の歌としてだれでも知っている歌。

2007年に歌百選の1曲に選ばれた中山晋平作曲による日本の童謡・唱歌。

昭和16年に作曲された日本の童謡・唱歌「雨傘唐傘」のメロディです。作曲は河村光陽によって行われ、その懐かしさと日本の伝統的な雰囲気がスマートフォンの着信を彩ります。「雨傘唐傘」は、日本の昔の雰囲気や情緒を思い起こさせる童謡・唱歌であり、そのメロディは耳馴染みのあるものかもしれません。

1925(大正14年)「コドモノクニ」に発表された雨降りお月さん(あめふりおつきさん)は、野口雨情作詞、中山晋平作曲の日本の童謡・唱歌。