ミヤノーヴァ

  1. HOME
  2. 童謡
  3. 早春賦(そうしゅんふ)

早春賦(そうしゅんふ)

再生と詳細



「早春賦」(そうしゅんふ)は、1913年(大正2年)に発表された吉丸一昌作詞、中田章作曲の日本の唱歌。「日本の歌百選」に選ばれている。


ダウンロード

android向けは【mp3】ファイルをダウンロードしてください。android端末のみで着信音やメール通知音・目覚まし音などに設定できます。

iPhone向けは【m4r】ファイルをiTunesが同期されたパソコンでダウンロードして設定してください。

当サイトの早春賦(そうしゅんふ)は個人利用に限りフリー素材(無料)としてご利用いただけます。


メールを送る

早春賦(そうしゅんふ)と関連した着信音

早春賦(そうしゅんふ)オルゴール

「日本の歌百選」に選ばれている「早春賦」(そうしゅんふ)は、1913年(大正2年)に発表された吉丸一昌作詞、中田章作曲の日本の唱歌。長野県中部にある安曇野の早春の情景をうたった歌と言われています。安曇野市を流れる穂高川の堤防に立つ歌碑の横には、早春賦のメロディーを奏でるオルゴールが備え付けられています。




着信音カテゴリー

着信音 月間 人気ランキングTOP50