ミヤノーヴァ


  1. HOME
  2. クラシック
  3. 交響曲第48番「マリア・テレジア」第1楽章

交響曲第48番「マリア・テレジア」第1楽章 - 着信音

再生と詳細



フランツ・ヨーゼフ・ハイドンが1769年頃に作曲した交響曲。一般に「マリア・テレジア」として知られています。長年にわたり、この交響曲第48番は、1773年にマリア・テレジアがハンガリー王子ニコラウス・エスターハージー宮殿を訪問した際に、マリア・テレジアを尊敬するために作曲されたものの一つと考えられていました。しかし、最近の研究で、1769年の交響曲第48番の原稿が見つかっていることからマリア・テレジアとは無関係とされています。


ダウンロード

android向けは【mp3】ファイルをダウンロードしてください。android端末のみで着信音やメール通知音・目覚まし音などに設定できます。

iPhone向けは【m4r】ファイルをiTunesが同期されたパソコンでダウンロードして設定してください。

当サイトの交響曲第48番「マリア・テレジア」第1楽章は個人利用に限りフリー素材(無料)としてご利用いただけます。


メールを送る

交響曲第48番「マリア・テレジア」第1楽章と関連した着信音

交響曲第9番「第九(だいく)」:ベートーヴェン

1824年にルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが作曲した最後の交響曲第9番(ドイツ語: Sinfonie Nr. 9 d-moll op. 125)。第4楽章『歓喜の歌』として特に有名の部分を作成しました。

交響曲第5番「運命」:ベートーヴェン(ギターバージョン)

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが作曲した交響曲第5番の有名な「運命」のギターバージョンです。

交響曲第九番「新世界より」第四楽章:アントニン・ドヴォルザーク

1893年作曲のドヴォルザーク(ドボルザーク)による交響曲。英語表記:Antonin Dvorak : Symphony No.9 in E minor Op.95 'From the New World' 4.Allegro con fuoco.彼の最後の交響曲でもあります。ドヴォルザークのアメリカ滞在中(1892年 - 1895年)に作曲された。アメリカの黒人の音楽が故郷ボヘミアの音楽に似ていることに刺激を受け、「新世界から」故郷ボヘミアへ向けて作られた作品だと言われている。





着信音カテゴリー

各カテゴリーの中から着信音を探せます。

着信音 月間 人気ランキングTOP50