ミヤノーヴァ

  1. HOME
  2. クラシック
  3. インヴェンション:ヨハン・ゼバスティアン・バッハ

着信音:インヴェンション:ヨハン・ゼバスティアン・バッハ

再生と詳細



ヨハン・ゼバスティアン・バッハの鍵盤楽器のための曲集。ヨハン・セバスチャン・バッハは、優れた作曲家であるだけでなく、音楽の教師でもありました。彼の "インヴェンション"と "シンフォニア"で、多くの学生はピアノの技術の基礎と同時に "クラシック"音楽の本質的な要素を学びました。バッハは15部の2部構成の作品を「インヴェンション(BWV772-786)」、15部の3部構成の作品を「シンフォニア(BWV787-801)」とした。彼は「ヴィルヘルム・フリーデマン・バッハ(バッハの息子)や、「鍵盤楽器を愛する人たち、特に学びたい人たち」の練習のために、これを書き記された。

インヴェンション


第1番 ハ長調 BWV 772a

4分の4拍子。16分音符の後半をすべて3連符にした異なるヴァージョン(BWV 772a)が残っており、こちらをバッハの最終的な意図として採用する演奏家もいる。


第2番 ハ短調 BWV 773

4分の4拍子。


第3番 ニ長調 BWV 774

8分の3拍子。左手のオクターブの上に右手が優雅な主題を奏でる。


第4番 ニ短調 BWV 775

8分の3拍子。上昇音階を中心にした主題。しばしば速いテンポで演奏される。


第5番 変ホ長調 BWV 776

4分の4拍子。 二重対位法。


第6番 ホ長調 BWV 777

8分の3拍子。


第7番 ホ短調 BWV 778

4分の4拍子。 左手の8分音符によるオクターブ下降が特徴。


第8番 ヘ長調 BWV 779

4分の3拍子。 カノン。打楽器的な主題。古典が現代に通じる新しさを備えた秀作。


第9番 ヘ短調 BWV 780

4分の3拍子。 滑らかな下降音階をもとにユニゾンが登場する。


第10番 ト長調 BWV 781

8分の9拍子。 ジーグ風の曲にフーガ様式を組み合わせている。緩いアルペッジョが支配する。


第11番 ト短調 BWV 782

4分の4拍子。 16分音符と8分音符による部分的な半音階が印象的。


第12番 イ長調 BWV 783

8分の12拍子。 左手の音階に乗って右手がA音を伸びやかに歌う。


第13番 イ短調 BWV 784

4分の4拍子。 右手アルペッジョと左手のシンコペーションが交代しながら完成されたポリフォニーを築く。


第14番 変ロ長調 BWV 785

4分の4拍子。 32分音符と16分音符の組み合わさった軽やかな主題。転調が激しい。


第15番 ロ短調 BWV 786

4分の4拍子。


第1番 ハ長調 BWV 772

4分の4拍子。


インヴェンション:ヨハン・ゼバスティアン・バッハ着信音ダウンロード

android向けは【mp3】ファイルをダウンロードしてください。android端末のみで着信音やメール通知音・目覚まし音などに設定できます。

iPhone向けは【m4r】ファイルをiTunesが同期されたパソコンでダウンロードして設定してください。

当サイトのインヴェンション:ヨハン・ゼバスティアン・バッハは個人利用に限りフリー素材(無料)としてご利用いただけます。


メールを送る

着信音カテゴリー

着信音 月間 人気ランキングTOP50