ミヤノーヴァ


  1. HOME
  2. クラシック
  3. 四季「冬」第一楽章:アントニオ・ヴィヴァルディ

四季「冬」第一楽章:アントニオ・ヴィヴァルディ

再生と詳細



アントニオ・ヴィヴァルディ(1678頃-1741)作曲。12楽章からなる協奏曲。凍てつく雪の中で寒くて震え、恐ろしい風が激しく吹きかう。足の冷たさを振り解くために歩き回り極端な寒さから歯が鳴る。凍てつく寒さの中、凍えながら雪の中を歩く人たちを描写した「冬」第一楽章。


ダウンロード

android向けは【mp3】ファイルをダウンロードしてください。android端末のみで着信音やメール通知音・目覚まし音などに設定できます。

iPhone向けは【m4r】ファイルをiTunesが同期されたパソコンでダウンロードして設定してください。

当サイトの四季「冬」第一楽章:アントニオ・ヴィヴァルディは個人利用に限りフリー素材(無料)としてご利用いただけます。


メールを送る

四季「冬」第一楽章:アントニオ・ヴィヴァルディと関連した着信音

四季「秋」第三楽章:アントニオ・ヴィヴァルディ

アントニオ・ヴィヴァルディ(1678頃-1741)作曲。12楽章からなる協奏曲。夜明けに狩人は、銃を持ち猟犬を従える。獲物は逃げ彼らはその痕跡をたどる。すでに銃や猟犬の大きな音に怯え、疲れて怪我をした獲物は逃げようとし抵抗するが、犬と奮闘し傷つき獲物は息絶える。

四季「秋」第二楽章:アントニオ・ヴィヴァルディ

アントニオ・ヴィヴァルディ(1678頃-1741)作曲。12楽章からなる協奏曲。楽しい宴は次第に終わり酔った人々は次第に眠りにつく。全体的に眠りのイメージの長く引き延ばした音。

四季「秋」第一楽章:アントニオ・ヴィヴァルディ

アントニオ・ヴィヴァルディ(1678頃-1741)作曲。12楽章からなる協奏曲。村人たちが恵まれた収穫が無事に終わり豊作を心から喜び祝います。村中みんなで葡萄酒バッカスの酒を飲み交わし騒いで明るい宴の様子を楽しむ様子のイメージ。

四季「夏」第三楽章:アントニオ・ヴィヴァルディ

アントニオ・ヴィヴァルディ(1678頃-1741)作曲。12楽章からなる協奏曲。嗚呼、彼の心配は現実となってしまった。#br#上空の雷鳴と雹(ひょう)が誇らしげに伸びている穀物を打ち倒した。

四季「夏」第二楽章:アントニオ・ヴィヴァルディ

アントニオ・ヴィヴァルディ(1678頃-1741)作曲。12楽章からなる協奏曲。稲妻と雷鳴の轟きで眠るどころではない、ブヨやハエが周りにすさまじくブンブン音を立てる。それは甲高い音でソロヴァイオリンによって奏でられる。

四季「夏」第一楽章:アントニオ・ヴィヴァルディ

アントニオ・ヴィヴァルディ(1678頃-1741)作曲。12楽章からなる協奏曲。サンサンと照りつける太陽の絶え間ない暑さで人と羊の群れはぐったりしている。松の木も燃えそうに熱い。カッコウの声が聞こえる。そしてキジバトの囀りが聞える。北風がそよ風を突然脇へ追い払う。やって来る嵐が怖くて慄く。ヴァイオリンの一瞬一瞬の“間”に続いての絶え間ない音の連続が荒れる嵐を表現している。





着信音カテゴリー

着信音 月間 人気ランキングTOP50