1. HOME
  2. 乗り物
  3. クラクション

着信音:クラクション

再生と詳細

プップー。

道路交通法第54条(警音器の使用等)第2項で規定されている通り、道路交通法第54条第1項各号で示されている警笛区間を通行する際には必ず使用しなければならず、それ以外の場合においては危険を防止するためにやむをえない場合以外には使用してはならない。
これに違反した場合の罰則が同法第121条第1項第6号で規定されており、2万円以下の罰金または科料に処するとされている。
警笛の無意味な使用はもちろんのこと、青信号などで前車の発進を促す時や低速走行の車に後車が警笛を鳴らす行為(あおり運転)、後車が前車への抗議を表現するために警笛を鳴らす行為、待ち人に車の到着を知らせるために警笛を鳴らす行為、いわゆるサンキューホーンなどは、上記の規制に違反し、警笛の乱用(目的外使用)となるため違法である。
ただし、例外として旅客自動車運送事業運輸規則第50条第2項第2号では、路線バスや観光バス等の運転者の遵守事項として「発車の直前に安全の確認ができた場合を除き警音器を吹鳴すること」と規定し、バス停等からの発車の際の吹鳴義務を定めている。
日本においては、相手車両への感謝の気持ちなどを表すために警笛を軽く鳴らす、いわゆるサンキューホーン(サンキュークラクション)という行為があるが、サンキューホーンは警笛の目的外使用にあたり、道路交通法は警笛の目的外使用を禁じているため、このような使用方法は違法行為である。
警笛を鳴らす行為は騒音問題の原因となるため、日本では道路交通法によって警笛の使用についての制限が罰則付きで設けられており、警笛は道路標識などで指定された警笛区間や危険な場合に限り使用するものであって、その他の場合には使用が禁じられている。 さらに、警笛の音量や音色についても道路運送車両法や保安基準によって規制がある。
自動車の場合、警笛に端を発するトラブルが発生することもあり、傷害事件や殺人事件に発展してしまった事例もある。後者としては1977年(昭和52年)に東大阪市で相手に射殺された事件と、2011年(平成23年)に大阪市交通局の職員(警笛を鳴らした運転手とは別人)が殺害された事件がある。


クラクション着信音ダウンロード

android向けは【mp3】ファイルをダウンロードしてください。android端末のみで着信音やメール通知音・目覚まし音などに設定できます。

iPhone向けは【m4r】ファイルをiTunesが同期されたパソコンでダウンロードして設定してください。

当サイトのクラクションは個人利用に限りフリー素材(無料)としてご利用いただけます。


メールを送る

着信音カテゴリー

着信音 月間 人気ランキングTOP50