ミヤノーヴァ
  1. HOME
  2. ピアノ 試聴ページ

ピアノ 着信音一覧の試聴ページ

すべての着信音を無料で試聴およびダウンロードできます。

試聴と詳細

58曲のピアノの着信音を配信しています。再生ボタンをクリックすると、ダウンロード前にピアノを試聴できます。

透明感のあるピアノの音色のシンプルな着信音。

スコット・ジョプリンの作品「クレオファ」は、ラグタイム音楽の巨匠が生み出した楽曲の一つです。

この楽曲は、荘厳かつ壮麗な雰囲気で知られる「The British Grenadiers(ブリティッシュ・グレネイディアーズ)」をピアノ編曲したものです。

フィンランドのフォークダンスのピアノアレンジ。ジェンカの陽気なリズムが、ピアノの音色で軽やかに響き渡ります。着信音としてはもちろん、音楽を聴いて楽しむこともできます。

ピアノの鍵盤から流れる旋律は、まるで静かな夜空に輝く星々のように輝きます。音符一つひとつが愛情と温もりを運んでおり、親子や家族の間に築かれる絆を歌い上げています。

冬の澄んだ空気と、雪の結晶が舞い散る幻想的な世界を表現した、アイスピアノの着信音です。澄んだ音色と、優しいメロディーが、クリスマスムードを盛り上げてくれます。

ドイツの作曲家テオドール・エステンが1862年に作曲したピアノ曲「人形の夢と目覚め」は、「お風呂が沸きました」でおなじみのノーリツの給湯器のお湯はりメロディとしても知られています。

エドヴァルド・グリーグ(Edvard Grieg)のピアノ協奏曲イ短調作品16(Piano Concerto in A minor, Op. 16)は、彼の最も有名な作品の一つです。この協奏曲は、1868年に作曲され、初演は同じ年にクリスティアニア(現在のオスロ)で行われました。

ショパンの「エチュード Op. 25 No. 1」、通称「エオリアン・ハープ」は、彼の有名なピアノ作品の一つです。このエチュードは、風によって奏でられるエオリアン・ハープのような美しい、繊細な旋律で知られています。「エオリアン・ハープ」という愛称は、エチュード内の竪琴のようなアルペジオと、抒情的で流れるメロディに由来しています。

ショパンの「タランテラ Op. 43」は、フレデリック・ショパンが作曲したピアノ曲の一つです。この曲はタランテラという舞曲の形式に基づいており、ショパン独自のロマンティックな要素が際立っています。非常に速いテンポで演奏され、ショパンの技術的な巧みさと情熱が存分に表れています。

エドヴァルド・グリーグの不朽の作品「山の魔王の宮殿にて」を再解釈しました。原曲の荘厳な美しさを保ちつつ、ピアノの響きによって魔法のような雰囲気が演出されています。山々の風景、魔法の宮殿、そして魔王の神秘的な存在を感じさせる音楽です。

このアレンジは、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの美しいピアノ曲「ロンド ニ長調 k.485」。穏やかで心地よいベルの音が、朝の目覚めや新しい日の始まりを優しく告げてくれます。>

「ロンドンの音楽帳KV.6c」は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのピアノ協奏曲の中でも有名な作品の一つであり、ピアノとオーケストラのバランスのとれた美しい音楽性や、豊かな表現力が評価されています。

「ロンドンの音楽帳KV.1e」は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのピアノ音楽の中でも代表的な作品の一つであり、後の作曲家たちにも多大な影響を与えました。

ロンドンの音楽帳KV.1dは、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが8歳のときにロンドンで作曲したピアノ曲の一つです。変ロ長調で、アンダンテ(行進曲)という曲名がついています。

「ロンドンの音楽帳 KV.1c」は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの初期の作品集の一つであり、彼の音楽的な成長と発展を示すものでもあります。この作品集は、後に彼が作曲するピアノ作品にも影響を与えたとされています。

「きらきら星」は、モーツァルトが幼少期に作曲したとされるピアノの練習曲です。正式なタイトルは「アハ、あなたがそこにいたのですね("Ah, vous dirai-je, Maman")」といいます。この曲は、フランスの子供の歌に基づいて作曲された変奏曲で、原曲は、「ああ、お母さん、言いたいことがあるの」という歌詞がついています。